マンションを売却する際の手数料とは

 

住んでいたマンションや投資物件として購入していた物件を売却する場合、かなり大金が入ってくることがありますが、それがすべて利益となるわけではありませんので、出て行くお金についても考えておきましょう。
多くの場合はマンションを売却するときに不動産会社に仲介を依頼し、買主を探してもらうことになります。
そして、この段階ではまだ費用は発生していませんが、その物件に買い主がついて契約が成立すると、その不動産会社に仲介手数料を支払うことが一般的です。
そして、この手数料がどれぐらいかかるのかも気になるところですが、一般的には「売買が設立した価格×3%+6万円」程度とされており、例えば2000万円で売却した場合は66万円程度は必要となります。
その他で必要な費用としては、契約書に貼る印紙代や譲渡を伴う所得税などの税金も必要となりますし、住所変更にも費用が発生します。
それから抵当権がある場合はそれを残してマンションを売ることはできませんので、抵当権末梢の費用も必要です。