仲介手数料のことを知ろう

 

みなさんは不動産の売却時に、業者に支払う仲介手数料のことをきちんと知っているでしょうか?
知っているのと知らないのとでは、大きく違いますので、注意してください。
まず覚えておきたい大切なことは、法律で仲介手数料には上限金額があるということです。
万が一上限金額よりも高い金額を請求されたとしても、上限があると知っていれば支払いを断ることができます。
その上限というのは、不動産の売却金額により異なります。
取り引きの金額が400万円以上の場合、3.15%以内です。
200万円以下なら5.25%以内ですので、金額を提示されたら計算して確認してみるとよいでしょう。
またどのように支払うかも、事前に確認しておいてください。
業者によって異なる可能性もあるので、いつまでに全額を支払うのか、わけて支払うのか、自分の希望も伝えながら両者が納得できる条件を決めましょう。
もちろん売却が成立してからの支払いになりますので、そこも覚えておいてください。